★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

アルコール依存症の底付きって?

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

私がうるさいから、という理由で彼はAAに行くようになりました。

自分がアルコール依存症だと認めて、お酒をやめたいから行ったわけではありません。

会場に行っても、自分はきちんとした身なりをしているし、仕事もある。他の人たちの中には、無職でそのうえ歯がボロボロの人もいたりして、こいつらと俺は違う!と心の中で思っていたそうです。

 

そんなことでお酒が止まるわけがありません。

 

自分自身でアルコール依存症だと認め、”このままでは自分は生きていけない”と思うところまで落ちないと、だいたいの人はAAにつながっても、すぐに来なくなるようです。

 

“このままでは自分は生きていけない”、というどん底の状態になることを「底付き」と言います。言葉どおり、底まで落ちているので、あとは上に這い上がるしかないのです。

その状況は、人それぞれ違います。

 

もう自分は生きていけないと思った時に、AAの存在を知っていれば、仲間に助けを求める事が出来ます。

もし、今これを読んでくださっている方の中に、アルコール依存症本人がAAの事を知らなければ、ぜひ教えてあげてください。

 

「あなたはアルコール依存症だ。行け」と言われたら、絶対に行きません(笑)

それとなく、“こういうのがあるんだって~”と種をまくようにお知らせしておくのがいいかと思います。

もし底付きをした時に、思い出してもらうためです。

 

ただ、本人がひどい状況にならないように、家族が手助けをしたのでは、絶対に底は付きません。家族が、“飲み続けられる状況を作ってあげている”とも言えます。

 

アルコール依存症専門の病院に入院する人も多いようですが、その期間は断酒できたとしても、退院してそのまま酒場へ行く人も多いと聞きました。そのままとまでは言わなくても、再飲酒する人がほとんどだそうです。だって自分の中の問題は解決していないのだから。

 

もしすごく頑張って断酒できたとしても、そのうちドライドランク状態になります。

ドライドランクというのは、飲んでいなくても、飲んでいる時と頭の中や考え方が同じ状態になることです。

ドライドランクは、飲んでいる時より恐ろしいです。

飲んでいる時は、お酒の力を借りてイライラやトゲトゲをマイルドにしているのが、そのお酒を飲めないので、全身からトゲが出ている状態です。

 

私もずっと、彼がお酒さえやめればすべてが変わる、と思っていましたが、決してそうではありません。

 

おそらく、本当にお酒をやめたければ、AAに行って「12ステップ」をし、自分の問題(親との関係性、親への恨みが主でしょう)を解決しないといけないんじゃないかと思います。

 

そうは言っても、本人にとっては簡単なことではないと思います。

まず、AAに辿りつくまで長い時間がかかるし、辿りつかない人もいるでしょう。

辿りついたとしても、その全員が問題をすべて解決できるとも限りません。

依存症になってしまうくらいですから、本人は本当にずっとずっと辛い思いをして生きてきたのです。

 

でもまず、底付きをすることが回復への一歩です。

そしてAAにつながれば、希望は見えてきます。

(AAではなく、他のグループや会に先に繋がったとしても、そこからAAに繋がることもあります)

 

希望はあります。

 

 

  

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ