★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

~ミーティングに通い、自分が変わる~

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

今日は、私のお気に入り書籍「Hope for Today ~希望~」の中の、今日の日づけのページから、シェアさせていただきたいと思います。(内容は一部変えています)

(残念ながら、この書籍はアマゾンでは買えないのですが、“アラノン”、“Big Book Family家族の会”、“家族の回復12ステップ” のミーティング会場で購入ができます)

 

私は、息子を私だけに押しつけて出て行った夫に対して怒りでいっぱいになり、数年前に自助グループに通いだした。

私はそこで、私を助けてくれた仲間に出会い、スポンサーを見つけ、受け入れること、手放すことを学び、ステップを踏んだ。

 

さらに、アルコール依存症は、ある一定の行動を伴う病気であることを学んだ。
夫が出て行ったのは、 私が何かしたか、あるいはしなかった結果ではなかったことが理解できた。

 

私は自助グループに通い続けているが、最初にたどり着いたときと状況は何一つ変わっていない。夫は相変わらず飲み続けているし、息子とはずっと関わりを持とうとしない。成人した息子は飲み始めている。息子の飲酒は彼の人生に影響を与え初め、息子が父親と同じ運命を辿るかもしれない。

何も変わってはいない。

変わったのは私なのだ。

私はいつでもミーティングに参加して、何が起っていても平穏でいられる。まだ起っていない事を考えて不安になったり恐れたりするのではなく、"今日一日” 平穏に過ごそう、という考え方が与えられる。

 

スポンサーは、電話をかけて私を助けてくれる。

私はアラノンの書籍の中に、経験と力と希望を見いだす。

私はもはや拒絶とコントロールによる息子の闘争に応戦することはない。

自助グループで得た最も大切な恩恵は、たとえ息子が問題を抱えて生きていようと私自身はプログラムに生き、お互いが別々の生き方をしていても、私たちの愛はそこにあり続けていることである。

 

 

では、今日も一日、平穏に過ごせますように★

 

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ