★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

アルコール依存症とは?~アルコール依存症を理解する~

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

 最近、またアラノンのミーティングに行き始めました。

こちらでは1年以上ぶりになります。

その日は知っている人が2人しか居ませんでしたが、知っている人の顔が見られて、「久しぶり!また会えてうれしいわ!」と言ってもらえただけで、とても心が落ち着き、安心した気持ちになれました。

私の最近の状況を話すと、「うちも同じだったわ」「大変だったわね」など、話をすぐに理解してくれて、さらに心強い気持ちになれました。久しぶりに参加してよかったです。

また続けて行くつもりです。

 

アラノンや家族の会に初めて行くと、初めて来た人用の案内セットがもらえます。

ミーティング会場、ミーティングについてや、その他いろいろな情報の小冊子などが入っています。

(グループによってそれぞれ内容は違います。または、ない会場もあるかもしれません)

 

先日行ったミーティングで、知らない人が、私を初めて来たのだと勘違いして案内セットを渡してくださいました。

こちらではもらったことがないので、一度読んでみようと思い、ありがたく頂いて帰りました。

 

その中に、『アルコール依存症、そして私たち自身を理解する』という内容のパンフレットがありました。

アラティーン(アルコール依存症の家族を持つティーンエイジャーのための自助グループ)の書籍からの抜粋のようですが、とても分りやすく、そして簡潔に書かれていたので、訳してみました。↓

 

 

 

 『アルコール依存症を理解する』

 

1)アルコール依存症とは?
アルコール依存症は、進行を止めることはできても完治することのない病気だと、米国医師会が認めた。飲酒欲求の制御不能が症状の一つであるアルコール依存症は、進行性の病気である。
飲み続けている限り飲酒欲求はひどくなる一方で、進行すれば精神異常をきたすか、あるいは死に至る。アルコール依存症の進行を止める唯一の方法は、断酒である。しかし、何年も断酒したからといって、一生飲まないで生きられるわけではない。アルコール依存症は、生涯にわたる病気だからである。


今日では、アルコール依存症に有効な治療はいろいろあるが、中でもAA(アルコール・アノニマス)が一番効果的であることは広く知られている。アルコール依存症は、病気を受け入れ治療をすれば、救いようのない病気ではない。希望はある。

 

2)アルコール依存症者とは?
どのような職業、地位の人もアルコール依存症になり得る。物乞いをするような路上生活者はごく少数である。ほとんどのアルコール依存症者は普通に生活をしている。しかし、飲酒によって家庭生活や社会生活、または仕事に支障をきたしている。そのすべてに支障をきたしている場合もあるだろう。飲酒によって、継続的で深刻化する問題を生活の中に引き起こすのがアルコール依存症だ。

 

3)なぜアルコール依存症者は飲むのか?
「強迫観念」
アルコール依存症者は、飲まなければならないと思っているから飲む。アルコールを、精神的な支え、または逃避の道具として使う。精神的苦痛を抱えている彼らは、その痛みを和らげるためにアルコールを使う。しだいに、頻繁にアルコールに頼るようになり、それ無しでは生きていけないと思い込んでしまう。これがアルコール依存症の「強迫観念」である。


「アディクション」
アルコール依存症者がお酒を飲まずに生きようとする時、ひどい離脱症状に襲われる。そのためまた飲んでしまう。この苦痛から逃れるためには飲むしかないように思えるからだ。これが「アディクション」である。


「衝動強迫」
ほとんどのアルコール依存症者は、付き合い程度にお酒を飲める人になりたいと思っている。他の人たちのように飲めるよう、飲酒をコントロールしようと、長いあいだ努力してきた。週末だけ飲むとか、または少しだけ飲むようにするなど。しかし、自分がやめようと思った時にやめられない。酔うまで飲まない、と自分自身に約束した時でさえ、気づけば酔っ払っている。これが「衝動強迫」

 

この病気の特質は、アルコール依存症者は自分たちが病気だと信じないことである。これを「否認」という。

 

回復するためには、彼ら自身が助けを必要だと認識すること、飲酒をやめたいと切望すること、そして自分自身で問題を解決することができないことを認める意欲にかかっている。

 

 

 

『私たち(アルコール依存症の家族)自身を理解する』は、次にご紹介します。

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ