★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

今日一日を幸せに生きる

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

すっかりご無沙汰してしまいました。

元夫にメールで脅されたりしながらも、心はとても穏やかで、すべての事に感謝して毎日ハッピーに暮らしているまききちです。

 

少し前までは、元夫が病気であることを忘れ、脅しのメールに心臓がドキドキして感情的にガッツリ巻き込まれ、反応してしまいそうになっていましたが、スポンサーやミーティング、アラノンの書籍などのおかげで日々平安に過ごせています。ありがとうございます^^

 

さて、今日もまた心にしみるお気に入りの書籍からの言葉です。

 

明日が良い日かどうかなど、誰に分かるというのだろう。

しかし、アルコール依存症者と生活している私たちは、最悪の事態をいつも予測して生きているのだ。

 

アラノンは24時間(今日1日)のプログラムである。

このことは、私たちに過去の苦しみの荷を背負い続ける必要はなく、また将来遭遇するであろう事を考える必要もないという、安心できる保証を与えてくれる。

 

私は常に、「今日が私の唯一の関心事」であると心に留め、そして今日を出来るだけ良い日にしていくのだ。今この一瞬を有効に、必要な事のためだけに時間を使おう。楽しみと反省のための自分の時間を持つのだ。

 

「今日一日」という生き方。

有効で満足できる行動に自分の時間を意識的に使うことは、生きるという多様性をしみじみと味わわせてくれる。

これは、問題から心を切り離すという、もう一つの利益を私たちにもたらしてくれる。

 

すなわち、問題を忘れることは、問題を解決するための最も簡単で最も論理的な方法であることを証明している。

 

「私は、今日を幸せなものとしよう。なぜなら、今日の日をどんな日にするか決められるのは、私だけなのだから」

 

 

依存症者の方たちは、病気で苦しんでいます。

理不尽なことを言ってきたりしますが、それは本人ではなく、病気がさせていることなのです。

 

それを私たち家族は、本人が言っている、していると思い、真正面から受け取って、傷ついたり怒りを覚えたりします。

でも、相手は病気です。そう言ったり、したりしてしまう、悲しい病気なのです。

 

それにとらわれて、今日一日という私たち自身の大切な日を無駄にしてはもったいないです。

今、自分を苦しめている心配は、自分の頭の中だけで起こっていることなのです。

起こる前から妄想して自分を苦しめず、起こったら、起こった時に対処する。それでいいのです。

 

今日も、明日や未来の心配をせず、自分のためのステキな1日を過ごしましょう。

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ