★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

依存症者がひどい状態にいる中、家族が平安でいるには?

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

今日も、誰にも相談できず、アルコール依存症者の言動やひどい状態に苦しめられている家族はたくさんいらっしゃると思います。

でもあなたは一人じゃないんです。仲間といっしょに平安の道を歩み始めましょう♪

 

今日も私のお気に入りの書籍からご紹介させていただきます。

 

私たちは、自分が受けるべきである以上だと感じられる苦しみを通りながら生きてきたことによって、 ある者は神に背を向け、自分自身の力のみに頼って「我が道」を突き進んできた。

 

これは、まるで真っ暗な部屋の中に自分から入っていき、電気をつけるのを拒否している子供のようなものだ。

 

その子が暗闇の中でつまづいてケガをしたとき、それは暗闇のせいだろうか?

 

もし、どこかへ行こうとするとき、目的地まで運んでくれる電車や車の力を拒否するなら、目的地に到着するのが遅れてしまうのは、誰のせいなのだろう?

 

アルコール依存症者のひどい状態に困り果てていながら、自力にしがみついて、その問題を何とかしようとしているとき、私たちは頑固にもアラノンや家族会の助けを拒否しているのである。

 

ならば、良くなる代わりに物事が悪くなっていくとき、それは誰のせいなのだろうか?

 

困難に直面するとき、私は静かにその問題を解決する最も賢い方法を探し求める。

私は、自分と同じような問題を抱えた多くの人々を助けてきたその方法を使おう。

回復のプログラムは、私を混乱から平安へと導く日々のガイドである。

 

自分自身を苦しみから解放しようとするなら、暗闇の中、一人でもがく必要はない。殉教者気分でいることを愛し、それにすがりつく必要はどこにもないのだ。

 

家族会へ行けば、同じ苦しみを味わってきた/ている仲間と、経験と希望を分かちあえます。

みんなが使っているプログラムを使えば、混乱の中にいるあなたも、平安を手に入れることができます。本当です ^^

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ