★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

アルコール依存症者が泥酔して帰宅した時はどうする?

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

今日もお気に入りの本からです。

1年分、毎日ちがうことが書かれてあるのですが、どの日付けを読んでも、そうだそうだ、といつも深くうなずかされます。

 

アルコール依存症者が泥酔してアルコールの霧の中にいるときには、 理論も、涙も、叱ることも、何の効き目もないと知らされる時の怒り、狂いそうな焦燥を私たちはみな経験している。

 

酒びたりで罪の意識に圧倒されている者が家に帰ってくる時、怒りの言葉をたて続けに浴びせることは愚かなことである。

このような状態にある依存症者の反応は、このような時の私たちと同じく、正気のものではない。

 

外国に行って、その国の人々に私の言葉を理解するようにと期待するだろうか?

私たちは、最悪の状態にあるアルコール依存症者には理解してもらうことができないのだ。正論が通るわけがない。

私たちは彼らの言葉を話すことはできないし、アルコール依存症者は、私たちを理解することができないのだ。

 

絶望と思われる状態を改善するには、事態が最も困難である時から始めよう。その時が大きなチャンスの時なのだ。

行動を起こしたり長い説教をするのではなく、行動しない時である。

憂鬱や自己憐憫で自分自身を曇らせるのではなく、まさに「手から放して神に預ける」瞬間なのである。

 

耳の聞こえない人のように、聞き流さなければならないことがたくさんある。

そして、自分の平安のためになることを考えるべきである。

自分を不快にすることから目を離すことは、自分自身を闘争の中に巻き込むより、よっぽど有益である。

 

 

まさに、私も元夫が飲んでいた時は、飲みに出かけた彼を朝(または昼)まで待ち続け、帰ってくるなり、待ってましたとばかりにケンカを吹っかけていました。

 

相手はベロベロなので、ケンカをしながら眠ってしまいます。

まったく気が収まらない私は、彼をたたき起こそうとするのですが、いくら起こそうとしても起きません。(勝手にベッドから転げ落ちても起きることはありませんでした笑)

 

それでますます怒りが増して、どうしようもなくなる。。

そこから始まる1日は最悪の1日でした。

私も相当病んでいました。

今考えると、よくあんな精神的にも肉体的にも酷なことをしていたなと思います。

巻き込まれている時は分からないので仕方ないのですが。。

 

もっと早く家族会なりアラノンなりに辿りついていれば、あんなに苦しい数年を過ごすこともなかったかなとも思います。

でも、あの苦しい時間があってこそアラノンに辿りつけたのだから、きっとあれも私には必要な数年間だったのでしょう。

 

この記事のタイトルに対する答えは、そう。「何もしない」です ^^ 

言葉の通じない相手に、叱ったり正論を突きつけようとしたりしてコントロールしようとするから、自分自身を苦しめ、楽しく過ごせるはずだった1日を憂鬱な気分で過ごすことになるのです。

 

こちらが暗い1日を過ごそうと、明るい1日を過ごそうと、相手にはまったく影響を与えません。 

こちらが明日の不安におびえながら今日1日を過ごそうと、またそれを相手にアピールしようと、彼らは飲みます。

いったん、こちらの言うことを聞いて飲まない日もあるかもしれません。

でもきちんと回復をしない限り、また飲みます。必ず飲みます。

そういう病気なのです。

 

自分自身に集中。依存症者がどんな状態でも、私はそこに巻き込まれず、自分自身の1日を過ごしましょう。

 

今日1日をどう過ごすかは、自分次第です^^

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ