★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

「依存症あるある」で飛行機に乗り遅れた話

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

さて、元夫とその彼女、子供が里帰りから戻ってきました。

飛行機を乗り継ぐのですが、その乗り継ぎの飛行機に乗り遅れたそうで、予定していた日の翌日に帰ってきました。

聞いてみると、母親から受け取った、祖父の形見の銃弾(!)が預けた荷物に入っていて、その取り調べで空港内の警察に連れて行かれ、そうこうしているうちに乗り継ぐはずだった飛行機が出発してしまったとか。(ちなみに、自国で出発する時は何も言われなかったそうです)

 

元夫あるあるだなぁと思いました。

普通、うっかり銃弾なんてスーツケースに入れんでしょう。

入れる時に、”これ、大丈夫かな?”って普通、思いますよねー。

そういう所がどこか欠落しているのか、はたまた酔っ払っていたのか。
真実は分かりませんが、まぁありがちな話です。

 

本人曰く、何も考えずに普通にスーツケースに入れた。最悪だ。だそう。

笑っちゃいます。

とにかく、次の便が翌日ということで、空港内にあるホテルに1泊しなければならなかったそうです。

航空会社が次の日の便やホテル代を出してくれるわけもなく、3人分のホテル代+航空券=およそ20万円(!)を本人が負担したそう。

航空券のセールをやっていたからと、勇んでチケットを予約していたのに、逆に高くつきましたね。自業自得(笑)

一緒に行っていなくてよかった!本当に!
もし私がまだ彼と一緒にいて、同行していたとしたら、と思うと恐ろしいです。
物事を考えずに行動する彼に怒り、そして余計な出費に激怒していたことでしょう。
そして、彼をさらに軽蔑していたと思います。

でも今回私が思ったのは、
「さぞかし疲れただろうなぁ、いや、でも一泊ベッドで寝た方が、逆に疲れないんじゃ?子供のためにはその方がよかったかも?」

そのくらいです。話を聞いた時には思わず笑ってしまったくらいでした。

同じ人の一つの行動にも、一緒に暮らしているのといないのとでは、こんなに自分の気持ちに違いがあるのですね。自分でも驚きです。
(当然といえば当然ですが)

 

でも本当に、「この人と別れてよかった!神様ありがとう!」と、心の底から思いました(笑)


さらに、やっぱり彼女が一緒に居てくれてよかったです。

もし、これが彼と子供だけの2人旅だったと思うとゾッとします。

子供はまだ12歳。

父親がアラブ圏の空港で警察に連れて行かれ、1人その場に残されていたらどうなっていたことか。
子供を1人、ロビーに残すということはしなかったかもしれませんが、取調室のような場所までは一緒に入れなかったでしょう。警察内のどこかで1人で待たされていたのではないかと思います。

もしそうなっていたら、子供はどんなに怖くて心細かったかと思うと、本当に彼女が一緒に居てくれて良かったと思いました。
本当に、神様ありがとう!(  ´艸`)

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ