★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

私をバカにしてる? ~依存症者のひどい言動の理由~

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

おはようございます。

私も、その他多くのアルコール依存症者の家族のみなさんと同じように、彼が飲んでいる時でもいない時でも、彼の言動に対して、いつも彼を責めていました。
そうすることで、彼が態度を改めると思っていたからです。

ミーティングに繋がるまでは、アルコール依存症が病気だという認識がなく、彼のおかしな発言や行動は、すべて彼自身の意思で行われているのだと勘違いしていました。
私のことなどどうでもいいと思っている、私を見下している、バカにしている、などと思っていたのです。

でも、本当は違っていました。
私に対する彼の酷い言葉や行動は、実は、自分自身を守るためだったのです。。

今日は久しぶりに、お気に入りの本の1ページを紹介させていただきます。

家族会のミーティングで、ある時AAから招かれたスピーカーが
アルコール依存症本人の立場からみた洞察を話した。

「アルコール依存症本人ではない、その家族の人たちは、本人が非常に傷つきやすい状態にあることを分かっておられないようです。
彼は常に自己防衛をしていなければならない。なぜなら、自分がどれだけの苦痛を家族に与えているかを、心の奥底では分かっているからです。家族から非難を受けるのは当然だと知っているからなのです。

みなさんは、ご自分たちのカンシャクや酷い言葉が、病気の犬にムチを打っているようなものであると思ったことはおありでしょうか?

彼は自分自身でいつもムチ打っていることを忘れないであげてください。

もしあなたがそれ以上に彼のことを責めるなら、彼の自責の念があなたに向くよう、あなた自身で仕向けているようなものです。

さらに、それは彼が「底を付くこと」をさまたげ、また、“ソブラエティ(飲まないでいること)を手に入れためには助けが必要である” ということに気づくチャンスを取り上げることになります」

 

 

アルコール依存症の彼と私は、2人ともアルコール依存症によって、それぞれ異なった状態ではあるが、苦しんでいることは同じである。

飲まないでいられる私は、彼の外側がどんなに挑戦的で防衛的であっても、彼の中にある深い自己嫌悪に気づいてあげられる人でありたい。

もし私が、不幸にしてアルコール依存症であったとしたら、一緒に住んでいる人にどう扱ってもらいたいだろうか?

 

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ