★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

類友

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

おはようございます!

今日もお気に入りの一冊より。。

アルコール依存症者の、過去におけるいくつかの行動は、彼の “人間的未熟”  を表している、という言葉をひんぱんに聞く。

これは、彼を悩ませていることに合ったレッテルであり、専門家によれば、正しい場合が多い。

 

しかし、私たちは他人の棚卸しをするのではなく、自分自身を見つめるためにアラノンや家族会に来た。

それに、私たちもまた未熟な人間であったから、結婚相手としてアルコール依存症者に魅力を感じたのではないか ― 子供が子供を呼び合うようなものであろう。

生きづらさの原因が未熟だとするなら、自分自身の反応を洞察し、その原因にかかわっていこう。

 

小さな事でアルコール依存症者と口論するのは未熟である。

同じく、ふくれっ面をしたり泣いてみたり、彼を出し抜こうとしてヨコシマな策を練ったりすることも。

他にも私たちがする未熟な事はたくさんある。

少なくとも、まったくないとは考えられない。


私がしなければならない事は、自分自身の内なる不調和をなおすことである。

また、この、本当に深刻な人間の苦しみの中で、子供のゲームをしたがる自分の中にある誘惑をチェックすることである。

自分自身の弱さを取り除いていくことによって、他の人たちにも、良い結果をもたらすことが出来る。

 

「成熟」とは、自我を切り崩していく経験に耐える力である。

そして自我を確立していく中で、その均衡を失わないことである」

 

 

 

 

そうなんです。私もずっと、依存症の彼と同じく、子供でした。

些細な事で口論ばかり。

いつも彼に敵意を抱き、彼のすることなすこと、ほとんどの事に対して「間違っている」と、いつもイライラムカムカしていました。

そのほとんどは、後で考えると、どうでも良いことばかりでしたが、〈どうやったら彼をねじ伏せられるか〉と、いつも彼に “勝つ” ことばかりを考えていました。


もし私が、本当の意味での成熟した大人なら、病んでいる人が言う事する事をすべて真に受け、本気で口論したりしなかったでしょう。

そんな両親を見ている子供に、良い影響を与えることなど皆無だったはずです。

 

10年もの間、ずっと闘い続けていた当時の私に言ってあげたいです。

「早くアラノンや家族会につながって、まずは自分自身をなんとかした方が良いよ。このままでは、あなたはずっと不幸なままだよ」と。

 

では、今日も一日平安でありますように★

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ