★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

アルコール依存症者が、あらゆる挑戦者を打ち負かす、絶好の機会

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

● ● ● ● ●

おはようございます!

最近、また元夫からの本当に訳のわからない攻撃のメールが続いています。

子供にかかるお金のことですが、子供本人までも巻き込んできたので、私もまた巻き込まれてしまっていました。

が、ふと「あちらの不条理な言い分に巻き込まれて感情的になるのは、あちらの思うツボだ!」と気づき、闘いから降りました。

何度やっても、やっぱりその瞬間は巻き込まれてしまいます。いまだに(笑)

ということで、アラノンの本を読んで、みなさんと共有させていただき、気持ちを落ち着けたいと思います。

 

アルコール依存症者の配偶者である私たちの妄想の一つは、“親玉になって牛耳ること” である。

この種の自己欺瞞は、欲求不満を増進させるばかりだ。


それは家庭を戦場と化し、そこではアルコール依存症者があらゆる挑戦者を打ち負かす、絶好の機会となる(!)


アルコール依存症者の機嫌、約束、挑戦、その他のあらゆる計略の電光石火の変り方に、私たちはしばしば出し抜かれる。

これは、瞬間瞬間の争いから、自分の考えと感情を引き離して、平和で規則正しい生き方を自身の中に求めるべきだという事を教えてくれる。

 

起ってくる出来事のすべてに対して闘うことをやめたら、積極的に闘う相手がいなくなることで、家庭の環境とそのこにいるすべての人に、健全な変化がもたらされるであろう。

 

誰に対しても、その人を出し抜こうとしたり、策略にかけようとすることはしない。

他の人がしている事から自分の思いを引き離し、自分のすることに思いを集中しよう。そして、挑戦的な言葉や行動に反応しない。

 

他人の過ちに腹が立つ時、自分自身に目を向けて自分の過ちを反省しよう。そうすれば、怒りを忘れるであろう。

 

はい、おっしゃるとおりです。

私は今回のことで、子供を傷つけてしまいました。

元夫の理不尽な言動を、“それは間違っている” と、一生懸命子供に説明してしまいました。

間違っていることは間違っていると言わないといけないけれど、

「子供を取られる」「子供から、お母さんが悪いと思われたくない」という不安や恐れから、感情的な言葉も含めてしまいました。

そのことで、「やっぱりお父さんとお母さんはいがみ合っている/仲が悪い」というのを、直接的に子供に投げかけてしまったのです。

どこかで分かってはいても、直接親から聞くのは、子供にとってはとても辛いことだと思います。

 

私も相手と同じように、子供を巻き込み、傷つけてしまいました。

反省です…(T-T)

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ