★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

「心配すること」が習慣になっている私たち。

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

★amazonから本が出版されました★

【夫の底付き】のエピソードは、経緯を詳しく書かせていただきました。
そして、ブログには書いていなかった、最近判明した元夫と彼女のこと、それにまつわる元義母とのことなども書き加えて、完結しています。
よろしくお願いします★

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

 

 

● ● ● ● ●

おはようございます!

今日もこちら南半球は秋晴れで雲ひとつなく、空が高くてとっても気持ちいいです^^

 アラノンや家族会につながって間もない私たちのような人々にとって、「心配すること」は当たり前の状態である。

心配することがあまりにも習慣的になっているので、それが何の役にも立たないと頭では分かっていても、ぬぐい去ることが出来ない。

私たちは、過去に起こった恐ろしい事にとらわれて、そのことが将来確かに起こる恐ろしいことの予告だと思い込んでいる。

AA(アルコール依存症本人の自助会、アルコール・アノニマス)のメンバー達は、「今日一日を生きる」という生き方の中に、よい方法を私たちに示してくれている。

家族である私たちも、もし決心するなら、過去と未来から自分自身を解放できる。

今日はほんの24時間だけである。

それは適当に使いこなせるほどの時間の1コマであり、私たちはそれを上手に使うことに専念できるはずだ。

 

私は、自分の心が過去の出来事にとらえられるということを許さない。

明日が今日になるまで、自分自身をその事とにとらえさせない。
今日をよりよく使えば、それだけ明日は明るいものとなるはずだ。

「将来が何を私にもたらすかは、誰も知ることができないのだから、自分自身で悪い予測に自分を連れ込んでとらわれることはやめよう」

 

今書いていて気づきました。

【明日】って、【明るい日】って書くんですよね。

(小学校の時に気づいてみんなで言い合った記憶がありますが 笑)

今日のたったの24時間(起きている時間はもっと短いですよね)を、本当に起こるかどうかも分からない心配事(自分だけの妄想)から解放されて、今から寝るまでの自分の大切な時間を、楽しく過ごせたらいいですね。

今日を明るく過ごせれば、きっとまた明日も明るく過ごせるのではないでしょうか。

アルコール依存症者の言動に振り回されず、心配をせず、自分だけの今日1日を明るく過ごせますように★

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブ

ログ村へ