★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

私たち家族にも助けが必要だと認められたとき

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

★amazonから本が出版されました★

【夫の底付き】のエピソードは、経緯を詳しく書かせていただきました。
そして、ブログには書いていなかった、最近判明した元夫と彼女のこと、それにまつわる元義母とのことなども書き加えて、完結しています。
よろしくお願いします★

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

?

 

● ● ● ● ●

おはようございます!

今日も1日、よい日でありますように★

 

私はなぜ自助グループやアラノンにつながったのだろうか? 

私たちのほとんどは、アルコール依存症者の言動に絶望し、寂しく、どうしてよいか分からなかったから来たのだ。


大切なことは、"自分は間違っていない”と信じているとしても、12のステップをやってみようと思うくらい絶望しているか?

ということである。

私は、自分の配偶者を変える方法を見つけ出したいと思ってやってきた。

そして最初に言われたのは、たぶん変えることが出来るのは私自身だけだということだ。


もし本当に新しい生き方を望むなら、まず、自分自身の内側を深く洞察し、自分自身のいたらない部分を認めよう。


私が責任を取るべき人は、アルコール依存症者ではない。

私の仕事は、自分自身の欠点について、また私たちの生活をメチャクチャにした自分の部分について何かするということである。

自分自身の非理性的言動が、この混乱をつくりあげる手助けをしていたということを認められるだろうか?

アラノンの助けによって、時間が経つにつれ、私はそのことを認められるようになるに違いない。


私が助けを必要であるという事実を受け入れる謙虚さと、それを得るために行動を起こすという強い目的意識を祈り求める。

私は、自分の力を超えたハイヤーパワーに、私がより善い生き方に進んでいけるよう助けてください、と願う。


 

 

 

私もずっと、自分は間違っていない、悪いのは相手。と昔からそういう思い込みがありました。依存症者に対してだけではなく、彼に出会う前から誰に対してもそうでした。

でも彼と会って結婚し、依存症に巻き込まれていって自分が底付きをして初めて、「自分以外の人は変えられない、変えられるのは自分だけ」ということに気がつきました。

それまでは、ずっと他の人を変えようと、または変えられていると思って生きてきました。今考えてみると、傲慢すぎて恐ろしいです(笑)

でも、依存症に巻き込まれていると、本当にもう毎日が地獄で必死なので、まさか自分にも悪い部分があるなんてことには気がつかないのは普通だと思います。


家族の会やアラノンにつながって、自分も本当は助けが必要なんだと受け入れられた時、そこから家族の回復は始まります。

そして今までのような怒りと不安と恐れの毎日ではなく、あなたの毎日にも平安が訪れます。

実は、すべての不安や恐れは自分の頭の中だけで起こっているのです。

自分を変えることができれば、自分の毎日も当然変わります。

もちろん簡単なことではないですが、12ステップは人生を変えてくれます^^

 

今日も平安で幸せな1日を過ごせますように★

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ