★アルコール依存症の家族が幸せになる方法★

アルコール依存症の夫との13年の結婚生活が終わりました。なぜ夫から離婚を告げられたのか?出会いから別居、再同居、離婚、“手放す”ことの意味、“愛って何?”、依存症の本人と共に幸せに生きていくために家族が出来ること、など色々な経験を、みなさんと分かち合えたらいいなと思っています

アルコール依存症者が飲まなくなったら万々歳?

こんにちは!まききちです。お越しいただきましてありがとうございます。
はじめましての方は、こちらをどうぞお読みください^^

 

★amazonから本が出版されました★

【夫の底付き】のエピソードは、経緯を詳しく書かせていただきました。
そして、ブログには書いていなかった、最近判明した元夫と彼女のこと、それにまつわる元義母とのことなども書き加えて、完結しています。
よろしくお願いします★

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

アルコール依存症の家族が幸せになる方法

?

 

● ● ● ● ●

おはようございます!

日本はゴールデンウィーク真っ只中ですね。今年は10連休とか?すごい!

そして今日は平成最後の日ですね。

日本にいないので、年号が変わる瞬間に現場(笑)にいないのが、ちょっと寂しい気がします。

 

そんな平成最後の1日も、よい1日となりますように!

 

アルコール依存症者がついにソブラエティ(飲まないでいること)を手に入れることは、本当に喜ばしいことである。

しかし、私たちのあまりにも多くの人々は、このことが幸福の青い鳥が私たち家族へ永久居住を定め、あのすべての問題が消えてしまったことを意味すると思ってしまう。

この新しく手に入れたソブラエティが、私にどのように影響を与えるかは、私がどのようにそれに順応するかに大きくかかわっている。

私は、アルコール依存症者が家族としての責任を取れなかった間、自分がしていた”支配的役割”から身を引く準備ができているだろうか?

私はAAに対する彼の専心や、ミーティングへの頻繁な参加を歓迎しているだろうか? 

私は、自助グループやアラノンで自分自身の感情的問題を解決し続けることによって、この奇跡に本当に協力しているだろうか?


アルコール依存症者が飲酒への強迫を克服し、霊的にそして感情的に成長しつつあるのを私は知っている。

私たちの関係における私の役目は、自分自身のいたらない部分を改めていかなければならないことであり、そうすることによって自分も霊的に成長できるのだ。


「私の再度のステップ4の中で、自分の霊的病気、また不安と不調和な感情を、アルコール依存症者のせいにすることは、もう決してできないことに気づいた。

私は自分自身の問題の責任を受け入れよう。
私は、問題の多くは自分自身の不完全さに根ざしているということを、自助グループやアラノンで知った。

 

 

 

アルコール依存症者がAAにつながったりして、飲まない日々が続くとき、私も「これですべてが解決した!」と明るい気持ちになりました。

でも、実際はそうではありません。

この状態は、まだアルコール依存症者に自分の幸せ・不幸せを左右されている状態です。


「相手が飲まなくなった=私は幸せ」では決してないのです。

AAにつながったからといって、彼自身の問題を解決しなければ、また必ず飲む日がやってきます。

そうすると、私はまた不幸だ、と思ってしまいます。

そうならないために、自分は自分でしか幸せにできない、ということを知らないといけないんですね。

おまけに、私は彼が飲まない生き方を選んだ時期も、彼のすべてをコントロールしていました。私の態度はまったく変わっていませんでした。

<飲まなくなった!>という嬉しさと同時に、ちょっと彼の帰宅が遅くなったりいつもと違う行動をすると、<また飲んでいるのでは!>と心配し、不安になり、彼を疑うような事を言ったりしたりしていました。

私たちが身につけてしまった、【彼を疑うこと、責めること、支配すること】は、そう簡単にぬぐい去ることが出来るものではありません。

アルコール依存症に巻き込まれ、考え方や頭の中が彼らと同じように病んでしまった家族である私たちにも、回復が必要なのです。

 

自分が回復して態度を変えて接すれば、相手も何か普段と違う私たちに気がつくでしょう。
まずは私たちから態度を変える。

そうしなければ、一生今のまま。

終わりがありません。

ではでは、今日も、一人でも多くの方が自助グループやアラノンにつながって、幸せの一歩を踏み出すことを祈りつつ…♥


平成最後の1日も、平安に過ごせますように★

 

最後にポチっとお願いします
     ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ